白髪の原因と対策

白髪の仕組み

白髪とは毛髪内部の色素が消失した状態のことを指します。髪の根元にある毛母細胞にはメラノサイトと呼ばれる色素を作る細胞があり、そこで髪の毛の色の元となる色素が生み出されています。

 

老化や病気などが原因でメラノサイトが色素を生み出す能力が衰え、メラニン色素が減少していくことで髪の色が薄くなり、白髪に変化します。

 

黒髪から白髪への変化

髪の生え変わり

髪の生え変わるタイミングでメラノサイトが毛母細胞から無くなってしまう事で起こります。

髪の伸びる成長過程で徐々に白髪に変化

加齢等によりメラノサイトの活動が弱まり、徐々に髪が白く変化していきます。

突然白髪に

よくものすごく恐ろしい体験をして一夜で髪が真っ白になった、という話を聞くことがあります。実際には黒い髪がすぐ白くなることはあり得ませんが、その後一気に生え変わりのタイミングで白くなることはあり得ます。
詳しくは原因が分かっていないのですが、これも外部からの刺激(ショック)でメラノサイトが死滅するために起こる現象だと考えられています。

 

白髪になる原因

遺伝的要因

詳しくは分かっていませんが親の髪が真っ白だと子どもも白髪になる可能性が高くなります。なんらかの遺伝的要素が関係しているといわれます。

疾病

各種の病に起こされることで白髪が増えることが報告されています。これも病気がなんらかしらの影響を与え、メラノサイトの働きが弱まることが原因と考えられます。

栄養不足

ビタミン・ミネラル・たんぱく質等の不足により白髪になることがあります。

ストレス、精神的原因

よく白髪が増えた人を見て「苦労したんだね」などという事があります。これは当たっていて、ストレスと髪の毛とは非常に強い相関関係があるんです。身体にストレスがかかると全身の毛細血管が収縮して血の巡りが悪くなります。血流が妨げられる事で毛母細胞の働きが弱まり、白髪に変化することも。