白髪を抜く

『白髪を抜くと増える』と昔から言いますが・・・

白髪を抜いてもそれによって増えることはありません!

「白髪を抜くと増えるから抜かないほうが良い」って言われたことありませんか?でもあれって本当なのでしょうか?

 

実はこれは真実ではありません。白髪が目立って気になり出す頃にはメラノサイトの働きが弱まり、多くの毛が白髪になる途中だったりします。白髪を抜いたから増えたのではなく増え始めた時に抜いただけで、抜かなくてもその後増えていた、というのが正解です。

 

白髪を抜くことで起こされる深刻な問題

では目立つ白髪をどんどん抜けば良いや!というのは早合点。ちょっと待ってください。
確かに白髪を抜くことが原因で白髪が増えることはありませんが、毛を抜くという行為は別の弊害をもたらしかねません。無理に根元から抜かれることで、頭皮や毛根が傷つく可能性も高いのです。結果、2度と毛が生えてこないようになることもあるということですので注意が必要ですよ。

 

また毛をぬくことで毛穴に細菌が入って炎症を起こすことがあります。毛穴の周りが赤く化膿してニキビのような白い膿がポツッと毛穴に残る症状見たことありますよね。このような皮膚炎を引き起こす可能性も高いですので、極力白髪を抜くのは止めておいたほうが良いでしょうね。
ちなみにこのような炎症は綺麗に治ることがほとんどですが、体調や免疫力が弱くなっていると、色素沈着を起こして皮膚に跡が残ることもあります。

 

気になる白髪ははさみでカット!

どうしても気になる白髪がある場合、オススメなのはハサミで根元近くから切ってしまうこと。これで目立つ白髪も見えなくなりますし、毛穴に負担もかからないので安心ですね。